バンコク・トンブリー地区の有名博物館を巡ろう!

バンコク・トンブリー地区の有名博物館を巡ろう!

王室御座船博物館〜
人体博物館〜シリラートピムックサヤム博物館

有名博物館をクンちゃんと巡り、歴史や文化に触れながら、知的好奇心をを刺激するアカデミックな観光コースです。

スケジュール:

 08:10 BTS「プロムポン」駅の2番出口(券売機)集合。

 08:15 BTSで「プロムポン」から「サパンタックシン」まで移動。

 09:00 水上バスの船着場「サトーン」から「プランノック」まで移動。

 10:00 王室御座船博物館をご案内。

 11:30 ランチ ワンラン市場市場の美味しい店にご案内します。
クイジャップユアン店(ベトナム風米粉ラーメン)、バミーギョウクン店(海老ワタンメン)、イサーン料理(タイの東北料理)、カオマンガイ店(チキンライス)、カオムーデンムークロップ店(バビキュウポークとクリスクリスピーポークご飯)などです。                

 13:00 シリラート病院の博物館をご案内。 人体博物館〜シリラート・ピムックサヤム博物館ン」から「サパンタックシン」まで移動。

 16:00 MRT「スクンビット」駅に到着。

プライベート料金:

子供:小学1年〜6年生まで
ランチ代は含まれておりません。
★王室御座船博物館 (Royal Barge National Museum)
王室御座船博物館はバンコクの西、トンブリ地区シリラート病院の隣、バンコクノーイ運河を挟んだところにある国立の博物館で、タイ国王の生誕記念や国家行事など数年に一度行われるロイヤルバージプロセッションの際にチャオプラヤー川上を走る王室の船が管理されています。実際のロイヤルバージプロセッションでは52隻の船が航行しますが、ここにはその内実際に王家の人が乗船する4隻の御座船とこれを補佐するエスコート船4隻が保管されております。
いずれの船も非常に美しい装飾が施されていますが、最も勇壮な船は 1911年にラマ6世により建造されたヒンドゥー教の神「ブラフマー」の乗り物であるホングを船首に抱くSuphannahongse(スパンナホン)号と、1996年に前国王ラマ9世により建造されたNarai Song Suban(ナラーイソンスバン)号の2隻でしょう。  スパンナホン号は全長 46.15m、50名の漕手と14名のクルーを要し、一方Narai Song Suban号はインド神話に登場する火の鳥「ガルーダ」とその上に乗ったヒンドゥー教の神「ヴィシュヌ」を船首に抱き全長44,30m、同じく 50名の漕手と14名のクルーで航行しいずれも 現国王の専用船となっています。 近くで見れば見るほど精緻な彫刻と美しい装飾で飾られ人の目を惹きつけて止みません。
★シリラート病院博物館(Siriraj Museum)
博物館が収容されているシリラード病院は、タイで最も古い医療機関です。病院は1886年にラマ5世によって設立されました。医学部は、博物館を学び、学生が学ぶ場所としてまとめるために、さまざまな機器や を集めました。
Ellis Pathological Museum
この博物館では、先天性異常、心臓病、さまざまな癌の例など、国内で最も致命的な臓器や病気のいくつかを紹介しています。タイの病理学、さまざまな病気に感染した人間の臓器、人間の身体障害、治療や予防など、過去のまれで一般的な病気の進化を収集して示しています。
Songkran Niyomsane Forensic Medicine Museum
この博物館は一見情報の寄せ集めです。一方では、タイ南部を襲った壊滅的な2004年の津波の写真があります。人間の頭蓋骨、殺人の犠牲者から得られた体の部分。人間の部分に加えて、ケースからの目撃者のオブジェクトもあります。
Parasitology Museum
寄生虫学博物館寄生虫に感染した臓器の展示寄生虫学博物館は、病気、特に寄生虫や原生動物によって引き起こされる病気に焦点を当てています。
Congdon Anatomical Museum
コンドン解剖学博物館は、タイの医学研究を改善するためにロックフェラー財団から承認されたエドガー・デビッドソン・コンドン教授によって1927年に設立されました。骨格、人間と動物の姿、エチルアルコールで保存されたシャム双生児の体と器官、そしておそらく世界でも数少ない完全な末梢神経系と循環器系の1つを含む、人体解剖学に関する2,000を超える標本が含まれています。
 同館は1948年に正式に開館しました。館内には2つの展示室があり同、1つは耳、目、鼻、舌などの特殊な感覚器官を含む一般的な解剖学を示し、神経系を展示しています。血管系小さな胚からの年齢とともに成長を示すさまざまなサイズの胎児出産までさまざまなシステム、すなわち泌尿器系と生殖器に応じて臓器を展示します。消化器系呼吸器系  2つ目の部屋では骨と関節だけを展示しています。それは体のすべての骨を表示することで構成されています。バラバラになっている頭蓋骨を含む骨の構成要素を示すさまざまな接続を表示する著名な医療関係者の骸骨も展示されています。この美術館の中には重要な展示品があります。全身神経全身動脈世界で唯一の作品です。
★Siriraj Bimukstan Museum
ここはシリラート病院の最新の博物館です。古いトンブリ駅から改装された古代建築の場所です。シリラート病院歴史を、昔のバーンコークノーイ運河、タイの伝統医学、南鉄道の建設、昔バーンコークノーイ集落生活の展示会を開催しています。
ランチ
「クンデーン・クイジャップユアン」タイのグルメサイトWongnai 「Wongnai User’s Choice 2016」に選ばれ、その他にも多方面から高い評価を得ております。 クイジャップユアン (クイチャップ=米粉太麺、ユアン=ベト ナム)はベトナム風米粉ラーメンです。スープは豚骨からスープを使ってコショウも入って、さっぱりです。トッピングはムーヨー(ベトナム風豚肉ソーセージ)、豚すり身団子、揚げた赤玉ねぎ、ネギです。 クイジャップユアンはタイ東北部イサーン地方の郷土料理です。ベトナムの影響が大きく、東北部のウドンタニーやノー ンカーイ、ウボンラチャタニなどで広く食べられています。

TEL 0818253258
E-mail kung3bkk@hotmail.com
LINE ID kun